【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 灯籠
灯籠 戸外用に灯りを灯す火器の事を灯籠と呼びます。うっすらと赤く燃えるような光を放つ灯籠は、日本的な雰囲気を非常に出し、国内はもとより海外にも人気があります。この灯籠を風から守る為に、構造と言われる火袋を持って持ち運ぶスタイルが一般的です。また、灯楼という文字でも表されますが、特に大きな違いというものはありません。さて、灯籠は様々な照明とは区別されています。 室内で用いるものであれば、燭台や灯台,雪洞に行灯やランプなどとは、全く別のものとなります。さらに、龕灯や提灯などとも別のものであり、灯籠はその存在だけです。灯籠自体は唯一無二のものなのですが、材質などを変化させた多くのバリエーションが存在しています。木灯籠であったり陶灯籠,金灯籠に石灯籠など、その素材によって呼び名も多少変化していくのが特徴的です。 さらに、台灯籠や釣灯籠などもあり、こういったものは、持ち歩く事を目的として作られたものでは無く、どちらかというと、その場を明るく照らすために作られているので、置灯籠とも言われます。基礎から竿に中台、火袋に笠、宝珠といったもので形成されています。寺院であったり石灯籠などに使われることが非常に多く、基本的には庭園文化の延長線上に観賞用としての存在となったのが印象的でしょう。 さて、そんな灯籠なのですが、その独特の灯りが人気です。光源も実に多種多様であり、油であったりろうそく、さらには電気やプロパンガスなどまでも使われるというのです。日本人が、そこまでして灯籠を用いた生活を送りたい、というのはある意味、一種の執念のような感じもありますね。さて、灯籠には代表的な種類がいくつか存在しています。 まずは、春日型に雪見型、さらに有名なのが岬型、織部式灯籠があります。その他にも、数多くの種類があり、道成寺型や三月堂、奥ノ院に双獅子、清滝堂、泰平など、本当に数々の種類が存在しています。是非、灯籠を見極めて、骨董買取で高価買取を狙ってください。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談