【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 煙管
煙管 煙管は、喫煙具のひとつと知られており、日本独特のものであるとされている骨董品です。雁首や火皿、吸い口に羅宇などで出来ているもので、喜世留などとも呼ばれています。西洋の喫煙具のパイプに非常に似た形であり、現在でも愛用している人も多い伝統の喫煙具です。 煙管の語源としては、様々ないわれがあるようですが、基本的には、カンボジア語のクセルがなまったものではないか、という風に言われています。諸説あり、ハッキリとはまだ決まっていないようです。さて、煙管の部品なのですが、大きく分けると、刻み煙草を詰めるための火皿のついた雁首という種類と、火皿の付け根より、羅宇と接合する部分までの吸い口、そして、そういった部位を繋ぐための管の羅宇とあっています。 さらに、煙管には様々な材質が用いられることも多く、こういった材質の違いでも非常に人気が別れることがあります。例えば、雁首や火皿、吸い口などには耐久性をもたせるために金属製のものが使われる傾向があります。そして、羅宇部分には、黒檀が使われます。 しかし、こういった材質の場合はほぼ高級品としての煙管であって、本来は竹などの木材質が使われることが、殆どあると言われています。また、煙管も時代と共に、デザイン性が高まっており、明治期以降になっていくこと、彫刻など職人技が光る逸品も多く出回るようになります。 使用される、素材などもバリエーションが非常に豊かであり、金や銀、銅に鉄、錫、亜鉛など様々あります。また、現在では全体をガラス製にしたり、陶製のものなどもあり、バリエーションに富んだユニークな骨董品として多くの人々に愛されているのが、特徴となります。煙管に関していえば、歌舞伎役者が吸っていたことに由来し、様々な役者絵で煙管が登場しています。 それに、ならい非常に今でも根強い人気を誇っていると、考えることができます。骨董買取に関しても、煙管は人気の高い品物です。現在、煙管も高級品となりましたが、日常的に使うのも、歴史的で良いのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談