【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 煙草入
煙草入 現代の生活において馴染みの薄くなった煙草入。しかし、非常に貴重なものであり、骨董買取においてはとても需要がある骨董品として、広く知られています。まず、煙草入というもの自体は、煙草盆の中に組み込まれており、そこに刻みタバコを入れるために用いられる道具として知られています。 また、煙草入というものは、他にも様々なネーミングが存在しており、莨入であったり莨壺などとも呼ばれています。煙草入自体、様々な種類が用意されており、そういった部分を見て行くだけでも、かなり楽しむ事ができます。唐物になってくると青貝入であったり象牙や堆朱、さらには堆黒に俱利、存星に、金馬や独楽など本当に様々なものがあります。一説によると、香料であったり薬味入れなどを見立てて作られたものである、とも言われています。 また、畳紙と呼ばれる種類もあります。檀紙に奉書、さらには唐紙、薬袋紙など様々な紙を使ったものもあります。そういったものと、美濃紙半紙大を二つ折りにしていき、三つ折りにしていくのです。最終的に、上下を後ろに折り込んでくようです。その表面には、松葉であったり芦の葉などが張り込まれ、漆絵などが描かれたものもあります。こういった、数多くの材料を駆使するだけでなく、さらには華やかで個性的なルックスとなるため、煙草入れは人気が出たとも考えられます。 煙草考でも、詳しく紹介されているように、この煙草入は昔の日本人にとっても、とても貴重だったものであり、茶道の時の道具としても、重宝されていた事が知られています。長細く、そして、漆の持つ光沢感などが美しく、工芸品としても高い価値が当時よりあったようです。 なかなか、自宅で利用している方は少ないかもしれませんが、そういった余り使われなくなったものこそ、骨董買取では大きな価値を示すのです。 もし、自宅に有している方がいたら、こういった煙草入れを是非骨董買取に持ち込んでみてはいかがでしょうか。もしかしたら、とても貴重なものとなるかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談