骨董買取 猪口

猪口 日本の骨董品の中でも取り分け種類も多いのが猪口。基本的には、酒を飲むための器とされる猪口ですが、蕎麦つゆを入れて蕎麦を楽しむものとしての蕎麦猪口もあります。猪口自体は基本的に陶器製品が主体ではありますが、ガラス製などのものを始め、様々な素材で作られたユニークなものが多いのも特徴となっています。もちろん、陶器製であってもガラス製であっても、その素材や技術、希少性によって価格も変化していくので、一概には言えないところが面白いところです。 さて、そんな猪口なのですが、一般的なイメージですと丸い筒型のものを想像すると思います。しかし、地域などによってもその形状などは様々で、四角、六角形、八角形にさらには底が尖った立てる事ができないものなどもあります。元々、こういった猪口は酒を継ぐための陶器としてでは無く、和え物などの料理を盛りつける小さな器として使われていました。徐々にその様相を変化させていき、江戸時代の頃となってくると、酒を盛る器としての流れとなったようです。 また、蕎麦つゆを入れるようになっていったのも、この頃からであると言われています。ちなみに、骨董買取でも多く見られる青い蛇目が猪口の底に書かれたものです。多くの店舗などで、このタイプの猪口が出てくるので、一度は見た事がる方も多いかもしれません。こういった青い蛇目が描かれている猪口というのは、基本的にはきき猪口というように呼ばれており、日本酒の色であったり、透明度などを確認するために用いられるのです。 そのため、白地に青いラインが施されていると言われています。国内にも、様々な窯元がありますが、多くの窯元が猪口を作っています。当然のように、焼き具合であったり、製法の違いにより独特の姿で出来上がります。好みもそれぞであり、骨董買取でも高い需要があるため、シーズンを問わずに人気の骨董品と言えるでしょう。是非、自宅にある猪口を今一度骨董買取にお持ちしてみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ