【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 猪口
猪口 日本の骨董品の中でも取り分け種類も多いのが猪口。基本的には、酒を飲むための器とされる猪口ですが、蕎麦つゆを入れて蕎麦を楽しむものとしての蕎麦猪口もあります。猪口自体は基本的に陶器製品が主体ではありますが、ガラス製などのものを始め、様々な素材で作られたユニークなものが多いのも特徴となっています。もちろん、陶器製であってもガラス製であっても、その素材や技術、希少性によって価格も変化していくので、一概には言えないところが面白いところです。 さて、そんな猪口なのですが、一般的なイメージですと丸い筒型のものを想像すると思います。しかし、地域などによってもその形状などは様々で、四角、六角形、八角形にさらには底が尖った立てる事ができないものなどもあります。元々、こういった猪口は酒を継ぐための陶器としてでは無く、和え物などの料理を盛りつける小さな器として使われていました。徐々にその様相を変化させていき、江戸時代の頃となってくると、酒を盛る器としての流れとなったようです。 また、蕎麦つゆを入れるようになっていったのも、この頃からであると言われています。ちなみに、骨董買取でも多く見られる青い蛇目が猪口の底に書かれたものです。多くの店舗などで、このタイプの猪口が出てくるので、一度は見た事がる方も多いかもしれません。こういった青い蛇目が描かれている猪口というのは、基本的にはきき猪口というように呼ばれており、日本酒の色であったり、透明度などを確認するために用いられるのです。 そのため、白地に青いラインが施されていると言われています。国内にも、様々な窯元がありますが、多くの窯元が猪口を作っています。当然のように、焼き具合であったり、製法の違いにより独特の姿で出来上がります。好みもそれぞであり、骨董買取でも高い需要があるため、シーズンを問わずに人気の骨董品と言えるでしょう。是非、自宅にある猪口を今一度骨董買取にお持ちしてみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談