【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 白磁
白磁 骨董買取の中でも取り分け人気の高いのが陶器。そして、その陶器の中でも非常に多くの方々から愛されているのが、白磁です。白磁とは、灰色や白色の胎に透明であったり、乳白色に白色などの釉薬をかけ、非常に高い温度で焼き上げたものの総称です。鉄分の無い植物灰を使うため、独特の美しく滑らかな表面感に仕上がるのが特徴です。 白磁の中には、青白磁などと呼ばれるもnがありますが、こちらは文様のような溝に釉薬が溜まることで、青みを帯びたような色合いが出ているものを言います。現代であれば、普段の食器や花瓶などに頻繁に使われているものなのですが、青白磁となると、景徳鎮産である梅瓶であったり香炉や鉢、水差しなど、日本でも大名などの地位が高い人のために使われていました。 国内でも、よく目にする白磁なのですが、元々は中国から伝わってきたものです。560年頃の北斉の時代までさかのぼるとまで言われており、青磁の生産技術の広まりなどにより、共に完成系へと発展してきます。北栄の時代となると、多く白磁が作られることとなります。 さらに、それより先にて鉄分を含む釉薬で焼き上げる青磁がとにかく盛んに作られるようになります。それより、東アフリカなどで生産が盛んに行われるようになっていき、結果的に清代に入っていくと、様々な窯元で白磁が大量生産されることとなったようです。こういった歴史があり、中国では日常生活で白磁が多く使われることとなったのです。 さて、日本に白磁が入ってきたのは16世紀頃と言われています。朝鮮半島より伝来していると言われていますが、どうしたことか、その伝来説以前には多くの窯元で既に白磁の生産がされていたそうです。そして、1616年ごろに、佐賀県有田で白磁に適している素晴らしい土が発見され、結果的に白磁作りが盛んになっていたのです。長い歴史の中で、その洗練さを磨き上げていった白磁。骨董買取でも需要が高いので、是非鑑定に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談