【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 着物
着物 着物は、日本を代表する民族衣装です。 和服とも分類されることも多く、現在でも日本を象徴する美しい柄と独特の素材が世界中で人気を博しています。この着物の歴史は深く、縄文時代の貫頭衣にまでさかのぼると言われています。 そして、時代が進んで行き、飛鳥時代に受けたと唐の文化背景で、平安時代の鮮やかな十二単などが現れています。 昔の書物などに描かれた着物姿の女性達を見ることで、日本人と着物が非常に深い関係で繋がっているということが、手にとるように分かるはずです。 さて、細かく分けると、着物という名で現在呼ばれているのは、和服の中の長着というものに分類されるようです。 この長着の仕立てなのですが、裏の付いている袷仕立てと、裏の付いていない一重仕立てに大別されています。そのため、季節やその用途やシーンによって使い方が限られていることも特徴となっています。また、着物の種類にあたる織りと染めの二種類なのですが、織りの着物の場合は先に糸を染めることから始ります。そして、後に織り上げている着物を織り着物と呼んでいるようです。 そして、染めの着物となるものは、白い生地を織り上げており、後に布地に模様を手描きして色で染めているものを差しているようです。絣や紬の部分は、織りの部分に分類されており、染めとしては振袖や訪問着などが、それに当たります。織りの着物に関しては、表と裏地が同一のために、表面の色が薄れたとしても裏地を使うことにより、新しい着物として使うことができます。 そういった、生活の知恵を使いながら発展していった着物は、艶やかで豪華絢爛なイメージだけでない側面を持ち合わせているのです。 ちなみに、現在では洋服が主流になってしまっていることから、正服としての活用となっています。 しかし、アンティーク着物であったり、新たな若手のデザイナーなどが着物の存在を見つめ直した新しいデザインも多数増えています。 着物の骨董買取に関しても、非常に着物は貴重なもであり、素材、柄、テキスタイルなどでも大きく価格が変動していきます。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談