【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 蓄音機
蓄音機 1877年、天才発明家エジソンによって発明されたのが蓄音機です。その独特の音色と管楽器のようなルックスが、ノスタルジーな雰囲気を持つ人気のアンティーク品です。現在におけるレコードプレイヤーの前身であり、今日の音楽業界にも大きな影響を与えた大発明品のひとつとして知られています。 この蓄音機なのですが、現在では古いアンティーク品などを店内で扱っている、そんな喫茶店であったり愛好家達が大切に保存をしているため、まだまだ需要が高いと言われます。ウッディーな素材感と金属の寂れた雰囲気がまた独特な哀愁感を漂わせ、大人の心をグッと掴みます。また、その音色も素晴らしく、CDやパソコンなどで聞く音楽とは、一味違った奥行きある音色を奏でます。蓄音機は、レコードをセットし回転させ、そこの針を落として音楽を再生させます。 そして、その振動膜に伝えられた音をホーンによって、音量を拡大していきます。当時、エジソンが発明したばかりの頃には、実はビジネス用の音楽再生器としか感がえていなかった用でした。しかし、後の音楽ブームなどに乗りかかり、個人でも音楽鑑賞用にこの蓄音機を使いたいという人間が増加していき、結果的にこの蓄音機が世間により広まっていたのです。 さて、振動膜なのですが、ガラスや雲母、アルミに銅、ベークライトなど様々な素材のものが存在しています。さらには溝の振動方式として、縦振動によるものとい、横振動による二種類があります。レコードの種類による違いでも対応できます。蓄音機という名称は、実は日本独特のものであり、世界各国様々な呼び名があります。 フォノグラフであったり、トーキングマシーン 、グラフォフォンという呼び名もあります。蓄音機自体、様々なデザインがあり、未だに世界には珍しいユニークなデザインのものも多く存在しています。そういった面白い蓄音機は、骨董買取においても高く評価されているので、是非確認してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談