骨董買取 蕎麦猪口

骨董買取 蕎麦猪口

蕎麦猪口 骨董品の中でも非常に高い人気を持ち合わせているのが、お猪口です。そして、そんなお猪口の中でも取り分け人気になっているのが、蕎麦を入れるめのお猪口です。大きさ的には、大体高さが6~8cm程度のものが多く、盛り場を食べる際に使われる器の事を全般的に蕎麦猪口と呼んでいます。 さて、そんな蕎麦猪口自体なのですが、流れによると江戸時代の末頃から使われていたいうことで、骨董品としても非常に古いものに関して価値が高いと思われます。相当古いながらも、その形状を美しく保っているものには、高価買取が期待できるのです。さて、そんな蕎麦猪口なのですが、通常の猪口と違い、形状は丸みを帯びたものが一般的となります。 8角形のようなものも中にはありますが、どちらかというと椀として利用されることが一般的ですので、形状は椀型であることが通常でしょうね。実は、この蕎麦猪口に人気が集まっている秘密には、形状が大きめであるということが言われています。卓越した職人達によって作られた、蕎麦猪口となると、それはもう工芸品の域を優に超えて行き、芸術品のような姿となって我々を楽しませてくれるのです。 と、なると気になってくるのが、他に使い道は無いのか?と、いうことです。蕎麦猪口という名前ながら、様々なものに対応する事ができるほど良いサイズ感なので、中には日本酒や洋酒などを入れる器として楽しむ方がいるようです。 もちろん、他の陶器や器などと同様に、各地の様々な陶工によって作られたそば猪口には数多くの種類があります。火の加減や手作業で行われて作られるそば猪口ともなると、それは唯一無二の表情となるので、本当に人気なのです。染付鼓文蕎麦猪口や、染付小松原そば猪口、染付連木竹そば猪口など、昔の柄を転写したものが現在は多いですが、やはり本格的に作られるものになると、蕎麦猪口は非常に良い価格で骨董買取で取引されます。是非、自宅にあるお気に入りの蕎麦猪口を今一度眺めてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ