【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董品 西洋楽器
西洋楽器 西洋音楽に使われる楽器を総称して、洋楽器と呼んでいます。この洋楽器なのですが、基本的には日本で使われている、和楽器と分類されているようで、明治時代以降に西洋から伝来してきている楽器という意味合いでも呼ばれています。現代的な西洋音楽に用いられるための近代的な楽器を差しているということで、和楽器など意外で言われている諸外国の伝統楽器や民族楽器などは、この洋楽器としては分類されない、ということになります。 結果的には、民族楽器や和楽器以外であれば、洋楽器と呼んで良いというように定義されているという説もあります。さて、洋楽器となると現代的なエレクトニックな楽器などもその部類に入ると考えて良いでしょう。エレクトリックギターであったり、エレクトリックベース、さらにはドラムにキーボードなど、洋音楽い用いられる楽器などは広くて意義するところの洋楽器です。 もちろん、骨董買取になると、新品なども価値はあるのですがヴィンテージと呼ばれている、古い楽器に注目が集まります。例えば、ドイツウルム地方で発見されたと言われている、洋楽器。こういったものは、何と3万5000年前などには作られている、と考えられるとされており、実に歴史が深いものです。 しかし、使い方などやハッキリと文献で分からないものであると、骨董買取としては判断が出来ないので、高価買取となる可能性は分かりません。さて、ピアノなども洋楽器に入るでしょう。非常に高価なものでありますが、チェンバロやハープ…。こういった西洋楽器は、骨董買取に関してもかなりの価格になることが期待できます。 しかし、楽器の価値として音が出せる、まだ使用できるという部分も鑑定のポイントとしては大きな部分を占めます。メンテナンスが非常に大切なるものだけに、日々どれだけ大切にしているかもポイントになっていきます。もし、洋楽器を手元に持っている方であれば、骨董買取店を訪れてみるのも良いかもしれませんね。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談