骨董買取 象牙

象牙 骨董買取の中でも特に需要が多く注目されているのが、象牙です。この象牙なのですが、その名前のまま象の長大に発達している切歯の事です。象牙はその単一品としても有名なのですが、実際には様々な骨董品などの部位などにも使われているため、案外日常的にも目にすることが多いものなのです。 材質が美しく丈夫なのにも関わらず、加工をすることがとても簡単であるということから、古くから工芸品として親しまれているのです。さて、象牙と言えば印鑑を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。吸湿性が高い材質なので、こういったものに使うのにはうってつけなのです。 現在では、厳しい取引状況となっているために、水牛の角やカバやセイウチの牙などが代用品として使われていますが、やはり象牙の方が価値が高いということは言うまでもないでしょう。また、この象牙にも部位によって、しっかりと価値が分けられているのが特徴です。筋が入っているような表所ですと、どうしても価値が安くなってしまいがちだそうです。逆にこの筋が先端に入って行くほど貴重なものとして扱われることが多くなるとの事です。 さて、印鑑としての象牙はもちろんですが、楽器にも多く使われることが知られてます。中でも、三味線の撥を象牙で作ることは、最高級品の証であると言われるほどだそうです。こうなっている事であれば、代替品として合成樹脂などでできた三味線の撥もあるのですが、価格や価値などは雲泥の差となるようです。 また、ピアノの鍵盤などにも以前は用いられていたといい、現在ではアクリルとなりましたが、そういったピアノは骨董品としても高級なものになるので、需要も大きいかと思われます。象牙貿易の禁止など、様々な問題があり、現在ではなかなか手に入れることが困難である、とも言われより価格が急上昇しています。もし、素晴らしい象牙の工芸品などが自宅にあれば、是非骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。素晴らしい価値が見いだされるかもしれません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ