【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 貴金属類
貴金属類 貴金属類と呼ばれるものには、数種類あります。 まず、金にプラチナ、銀にパラジウムにロジウム、イリジウムにルテニウム、オスミウムです。こちらの8つの元素を持つものが、貴金属と呼ばれています。耐腐性に優れており、加工をしやすいので、様々な用途に使われ、現在の我々の生活に欠かすことができないものとして存在しています。 さて、この中でも、ルテニウムいロジウム、パラジウムをパラジウム類と呼んでおり、オスミウムにイリジウム、白金などをプラチナ類と呼んでいます。ここで紹介した6つの元素の場合は、白金族元素と呼ばており遷移元素となっています。 さて、金属の中でも良く聞くロジウムなのですが、ルテニウムやイリジウムの硬さ、オスミウムの硬さの中間として加工しやすい貴金属だとされています。骨董などの貴金属だと、アクセサリーやジュエリーとして加工されているものに価値が大きくあります。ジュエリーになる貴金属は決まっており、金と銀、プラチナ、パラジウムとなっています。 この4つの貴金属を基本にしており、その貴金属類に合金されるものをISO9202やJIS-H6309、及びCIBJOによって、ジュエリーの貴金属として定められています。さて、イリジウムとルテニウムに限っては、プラチナの割り金として用いられており、形状が複雑であるデザインのプラチナジュエリーなどで使われることが多くあります。 また、ロジウムは、ジュエリーやアクセサリーなどの表面をコーティングしているメッキとして活躍します。ロジウムは、様々ばカラーリングになるために、非常にカラフルで鮮やかなデザインのジュエリーには良く使われています。 因に、金属の中でも金はジュエリーに加工される場合、その性質上他の貴金属をつなぎとして使う場合が多く、純金のものは少ないとされます。当然、純金の方が価格は高く、高価な取引となります。数々の貴金属が存在していますが、歴史的なものや新しいもの、ブランドなどで価値も大きく変化していきます。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談