【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 酒器
骨董買取 酒器 酒を注ぐために使われるために作られた器の総称を、酒器と呼びます。日本酒や焼酎、泡盛など様々な種類の酒に対応しており、専用のものなどもあります。有名な陶工によって生み出される酒器などは、骨董買取においても非常に高い価値とされており、その価格は非常に高くなると言われています。 国内においては非常に様々な種類の酒器が存在しており、日常使いはもちろんのこと、祭祀器などにも使われることが多いとされています。日本における酒器の種類には盃があります。人間関係や名誉、格式などに合わせた飲み方や儀式などに用いられるもので、陶磁器のものなどもあります。 そして、馴染みの深いと言われるのが、とっくりです。近代に入ってくると、瓶売りが一般的です。しかし、以前はそのようなものは無く、とっくりを用いて販売していたと知られています。ネズミ色の陶器であったり取手などがついたものもあり、種類も豊富にあったとして知られます。 また、猪口も有名です。小さな器であり、あまり酒器としては向いていないと思われますが、とっくりとのセットになっており、猪口も利酒などではよく使われる酒器です。そして、銚子。こちらは燗をした酒を器に移し替えるために用いられる酒器で、現在でも使われています。しかし、江戸時代になっていくとそカタチは少しずつ小さくなっていって、日常的にはとっくりが使われることが多くなっていったといいます。 また、土瓶も酒器として使われます。茶と飲むために使われることが多いのですが、どちらかというと焼酎専用の酒器として活躍することが多いかもしれません。また、泡盛となるとカラカラという酒器を用いるようになることで知られています。 また、その他には器の縁に酒を注ぐための加工がされている片口やぐい呑み、瓶子に角樽、指樽、燗鍋など多くのものがあります。酒器と一言で言っても、その種類は豊富なのでその時々に合わせて楽しめる、日本ならではの骨董品として需要も高いのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談