骨董買取 食器類

骨董買取 食器類 食事用に容器や器具などを総称して、食器類と呼びます。我々の日常に欠かすことができない食器類は、単に器や皿などと呼ばれることがありますが、その範囲は非常に広く、結果的には食事に用いるものを総称している場合などもあります。さらに、食器には和食器や洋食器などもあり、ブランド品などには高価な価格がつけらることも多々有ることが特徴かもしれません。 椀や茶碗、皿に鉢、杯、グラスはもちろん、箸とスプーン、ナイフ、フォークなども食器類として分類されます。例外として鍋などは調理器具として分類されますが、食卓まで持ってきて、それを食器として使う場合もあるため、一概に調理器具としてだけの存在とはできません。さらに、パンなどを食する場合においては、板や布などを用いることもあるので、結果的に食器として分類されることもあります。 コップ類などの場合は、酒器のように、それ以外には用途が無いものがあり、食器とは別のものとして扱われることなどもあるので、見極めはハッキリしていないのも特徴かもしれません。日本における食器とは和食器であり、西洋の食器とは様式が変化します。大皿料理に使うための大皿であったり、中皿、小皿などは陶芸として食器を用います。さらにカタチとしては、長角皿や長皿、かわら皿など刺身や焼き魚を乗せるための独特のカタチをしたものがあります。 刺身皿、板皿、さらには籠なども食器として用いるために、その用途も種類も非常に広くあります。また、寿司盛り台であったり八寸皿などもあります。前菜用に用いられるもので、有名な陶工などが作る美しい作品は、国際的にも高い評価があります。また、和食器の中でも特に椀には力が注がれます。 茶碗となると、細かく種類が別れています。さらに、鉢や盃、瓶なども食器として扱われます。洋食器の代表的なものというと、スプーンやフォークなどの銀製品でしょう。歴史のある古いブランドの食器類になると、骨董買取でも高い評価が期待されます。このように、食器は幅広い工芸品です。自らの自宅にある食器類を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ