【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

高田誠(たかだまこと)
洋画・高田誠は1913年浦和市(現さいたま市)に生まれました。浦和中学校卒業。 彼の情報は中学卒業としかないのですが、16歳で二科展「浦和風景」で初入選。若くして開花したので、その道を行ったのでしょうか。 高田誠は代々医者の家の次男に生まれたのですが、幼い頃から絵が好きで初めて油絵を書いたのが尋常小学校の4年生です。 1930年には安井曾太郎に師事。安井曾太郎の紹介で二科技塾に入って、熊谷守一、石井柏亭などに学び、その後、安井曾太郎が二科技塾を脱退して、一水会を新たに創設して、これに参加しました。高田誠は風景や静物画を主に描いています。安井曾太郎に大きな影響を受けた高田誠は、安井が西洋画である油絵を日本の風土に根付かせようとした彼の闘いを見て、同様に風景に対しては、西洋にない独自の美を追い求めるスタイルを持っていました。しかし、安井の影響から離れるころ、点描画法を用い、高田誠独自の風景画スタイルを作り出していきました。

優雅な抒情性のある作品

安井曾太郎の独自の風景の世界観を踏まえて、なおかつ穏やかで暖かい風景、今はまだ雪がたくさん残っているけれども、やがて暖かい春が訪れるという、何かぬくもりのあるあたたかさを感じさせる画風です。 彼の「花」、2枚の絵を観て思ったのですが、どこか懐かしいような初めて見た気がしないのはなぜでしょう。彼の絵は優雅な抒情性のある作品と聞きましたが、本当にそんな気がします。絵は人柄をあらわすと言いますが、温厚な人柄であったとのことです。 1955年には埼玉大学教育学部技術科講師、1961年には埼玉県美術家協会会長、1962年日展評議委員、1987年文化功労者となるなどなど輝かしい経歴を持っています。後進の育成と指導力で埼玉県の美術の振興に貢献した彼は、個人では初めての埼玉県民栄誉賞を受け、彼が亡くなった1992年、浦和名誉市民として民葬が行われたのです。死してなお、彼は作品とともに人々に愛され続けています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談