【感染予防の取り組み】こちら
三彩買取

三彩高額買取

三彩を少しでも高く、 他社に負けない価格で
高額に買取いたします。
相談・出張・査定料 全て無料!

三彩とは、三色(二色)の釉薬で飾り上げる製陶技術です。
白、緑、飴色などさまざまな色を駆使して彩り豊かに仕上げます。
そのデザイン性から三彩陶器の美術的価値は非常に高く、人間国宝が手がけた作品レベルになると高額買取も期待できるでしょう。
古美術八光堂では、経験豊富なプロの鑑定士が三彩陶器の価値を正しく査定いたします。

買取ポイント

  • POINT01
    三彩の買取額で
    他社に負けません

    他社とは違いマザーズ上場の親会社を持ち、創業40年以上の実績がございます。また世界中で少しでも高く骨董を売却できるルートを持っています。

  • POINT02
    安心・安全の仕組みを
    徹底

    クーリングオフの適応で8日以内であれば返品・キャンセル可能です。(出張買取のみ)また八光堂ではご相談、査定、見積もり、出張費、買取手数料もすべて無料「0円」で安心です。

  • POINT03
    買取額だけじゃない
    接客へのこだわり

    その他きめ細やかなサービスでお客様のお品物を丁寧に扱い査定、ご説明させていただきます。買取の際には、1,000万円を超えるような品であっても、即現金買取が可能です。セキュリティーの関係で振込対応となる場合もございます。

  • POINT04
    TVメディアで
    多数紹介

    様々な人気番組からオファーをいただき、大勢の八光堂の鑑定士がTVメディアで活躍しています。豊富な経験と確かな目利きはマスコミからもお墨付きです。

買取相場

茶器や磁器などの陶器は世界中で売買されており、常に値動きしています。正確な査定と適切な買取額のご提示を可能とするには、現段階の相場観を正しく持つことが重要といえるでしょう。古美術八光堂では、骨董商や画商などを集めた骨董品オークションを随時開催し、相場情報の収集に努めております。このような仕組みを持つからこそ、三彩の高値買取も可能となるのです。

以下は、三彩陶器の価格の一例です。詳しいお値段に関するお問い合わせは電話相談、無料メール査定、LINE査定にて受け付けております。地方にお住まいの方は全国無料出張サービスのご利用がたいへん便利です。

三彩貼花文大鉢
加藤卓男
三彩貼花文大鉢
買取相場価格
55万円
正倉院復元 三彩紐飾手付花入
加藤卓男
正倉院復元
三彩紐飾手付花入
買取相場価格
25万円
三彩平水指
十代 大樋長左衛門
三彩平水指
買取相場価格
14万円
ペルシア三彩鉢 不昧
加藤卓男・清水公照
ペルシア三彩鉢
不昧
買取相場価格
5.5万円
三彩茶碗
出口尚江
三彩茶碗
買取相場価格
3.5万円

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

買取強化中の作品・作家一覧

三彩陶器といえば、唐三彩といった中国の焼き物から、萩焼、淡路焼、珉平焼、信楽焼といった国内の焼き物まで広範におよびます。なかでも高値買取が期待できるものは、人間国宝である加藤卓男作品のものでしょうか。『陶酔庵』『流』などの正倉院三彩を復元した陶器や、ラスター彩の陶筥などは骨董ファンの間でも高く評価されています。作品の中には奈良三彩やペルシア三彩を再現したものもあり、その表現は実に多種多様です。ペルシア陶器と日本陶器を融合するなど陶芸界において数々の金字塔を打ち立てた大家だけに、高い査定額が期待できます。

  • 加藤卓男

    加藤卓男

  • 加藤卓男

    加藤卓男

  • 十代 大樋長左衛門

    十代 大樋長左衛門

  • 加藤卓男・清水公照

    加藤卓男・清水公照

  • 出口尚江

    出口尚江

  • 魯山人
  • 徳田八十吉
  • 加藤卓男
  • 太郎右衛門
  • 加藤幸兵衛
  • 清水六兵衛
  • 金城次郎
  • 出口尚江
  • 大樋長左衛門

よくあるお問い合わせ

Q私の持っているものは白と緑の二色しか使われていないのですが、これは三彩ではないのでしょうか?
三彩と呼ばれる陶器のなかには、二色の釉薬で装飾されたものもございます。二色釉薬を含む技法を三彩と呼びます。
Q箱書や陶印がない三彩でも高く売れますか?
三彩陶器はコンディションや作家名、箱書の有無まで含めて総合的に査定いたします。箱書や陶印があればなおよいのですが、ない場合でも高値が付く可能性はありますので、まずはお気軽にご相談ください。

三彩買取の査定ポイント

三色の釉薬を使った装飾技法で見事な色彩を表現する三彩漆器。中国で誕生した技法は日本で独自の発展を遂げ、陶器文化の発展に寄与しました。

作家が分からない作品でも、三彩のスペシャリストが拝見させていただきますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

時代とともに発展を遂げた三彩

三彩がはじめて登場したのは後漢(25~220年)の時代、緑色の釉薬でつくられた陶器が起源といわれます。その後の六朝代(222~589年)には黄色の釉薬でつくられた陶器が登場。そして唐代(618~907年)になると三色の釉薬が用いられるようになり、唐三彩とよばれる副葬品が盛んに制作されます。唐三彩の技術は我が国にももたらされ、奈良三彩を生み出す素地となりました。

日本式の三彩として有名な奈良三彩は、白い胎土に緑色と飴色の釉薬を施して装飾された美しい陶器です。お手本となった唐三彩は副葬品のために使われましたが、奈良三彩で施された装飾品は実用品として古代人に親しまれてきた歴史があります。奈良付近で出土した貴重な焼き物は、正倉院でその姿を確認できます。

人間国宝・加藤卓男の逸品

現代三彩を大きく発展させた功労者として挙げられるのが、加藤卓男氏です。彼の作品は高火力で焼成した製法が特徴で、古代三彩にはない強度と美しさを持ち合わせた点が特筆されます。まんべんなく施された緑の釉薬と、アクセントとして映える褐色の黄釉、流れるような筆致の銅釉。それぞれの色を絶妙に使い分けて華麗な装いに仕上げています。独特の作風を確立しながらも、古代三彩やペルシア三彩を巧みに取り入れた技法で多彩な作品を生み出した大家は、1995年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)として認定を受けました。

八光堂では、加藤卓男はじめさまざまな作家の三彩陶器を高価買取いたします。ご自宅に眠らせている三彩の焼き物がございましたら、ぜひ当店までご相談ください。

いずれか1つをご用意ください
ご本人様確認の書類
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証、住民基本台帳カード、
在留カード、特別永住者証明書
  • 18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。
  • 18歳・19歳のお客様の場合、同意書と委任状が必要になります。
  • 2020年2月4日以降発行のパスポートは住所記載が無いため、別の確認書類(3ヶ月以内の公共料金の領収書・住民票)のご提示が必要となります。
  • 法人のお客様の場合、身分証として、名称、本店または主たる事務所の所在地と、当取引の任に当たっている代表者・担当者の氏名、住所、生年月日を証明できる書類が必要になります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

誰でもカンタン4ステップ

買取してもらうには?

《 出張買取の場合 》
  • 出張査定料 無料
  • 玄関での査定OK
  • 訪問日ご相談OK
  • 8日間以内 返品対応OK

お申し込み・訪問日を決定。

鑑定士が伺います。

お品物を鑑定。

現金でのお支払い。

《 店頭買取の場合 》
  • 全店舗が駅から徒歩圏内
  • 不成立でも駐車場2時間無料 ※上限1,000円
  • 無料の鑑定・査定・相談
  • 荷降ろしお手伝い
  • 査定額の理由を丁寧に説明

お近くの店舗にご来店。

お品物を鑑定。

査定金額をその場でご提示。

現金でのお支払い。

事前査定でもっと便利に

すぐにつながる 今すぐ出張・来店のご予約
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
気軽にお問い合わせ

電話で査定・相談

サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談