【感染予防の取り組み】こちら
常滑焼買取

常滑焼高額買取

常滑焼を少しでも高く、 他社に負けない価格で
高額に買取いたします。
相談・出張・査定料 全て無料!

現在の愛知県常滑市を中心に、知多半島で古くから焼かれ続けている常滑焼。
生産が開始されたといわれる平安時代末期頃は仏教関連の焼物が中心でしたが、時代とともに作品の幅は広がり、いまでは日本六古窯のひとつに数えられています。
八光堂には、この歴史ある常滑焼も高価買取してきた実績がございます。
ご自宅の食器棚に使わなくなったものがあれば、ぜひ当店までご相談ください。

買取ポイント

  • POINT01
    常滑焼の買取額で
    他社に負けません

    他社とは違いマザーズ上場の親会社を持ち、創業40年以上の実績がございます。また世界中で少しでも高く骨董を売却できるルートを持っています。

  • POINT02
    安心・安全の仕組みを
    徹底

    クーリングオフの適応で8日以内であれば返品・キャンセル可能です。(出張買取のみ)また八光堂ではご相談、査定、見積もり、出張費、買取手数料もすべて無料「0円」で安心です。

  • POINT03
    買取額だけじゃない
    接客へのこだわり

    その他きめ細やかなサービスでお客様のお品物を丁寧に扱い査定、ご説明させていただきます。買取の際には、1,000万円を超えるような品であっても、即現金買取が可能です。セキュリティーの関係で振込対応となる場合もございます。

  • POINT04
    TVメディアで
    多数紹介

    様々な人気番組からオファーをいただき、大勢の八光堂の鑑定士がTVメディアで活躍しています。豊富な経験と確かな目利きはマスコミからもお墨付きです。

買取相場

常滑焼に限らず、焼物の買取価格は一定というわけではありません。買取では作品の価値を見定める鑑定スキルも大切ですが、査定額を検討するうえでは買取相場の把握も不可欠です。きちんと相場の動きを理解することで、どれくらいの買取価格であれば問題ないか適切に判断できます。八光堂では、常に自社主催のオークションを通じて相場動向を確認しています。全国各地から多くの関係者が参加するので、リアルタイムの情報入手には苦労しません。常滑焼の買取でも、最新の相場状況をふまえながら査定額をご提示いたします。ご不要になったものを売却されるときは、ぜひ当店に査定をお任せください。

常滑茶碗
三代山田常山
常滑茶碗
買取相場価格
8万円
常滑自然釉花入
三代山田常山
常滑自然釉花入
買取相場価格
4万円
常滑盃
三代山田常山
常滑盃
買取相場価格
2万円
常滑茶注
山田宝生
常滑茶注
買取相場価格
2万円
古常滑掛花入
古常滑掛花入
買取相場価格
1.2万円

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

買取強化中の作品・作家一覧

常滑焼は、バリエーションがとても豊かな焼物です。古くは平安時代に仏教のお経を入れる経塚壷がつくられ、鎌倉・室町時代には甕、壷、鉢が大量に生産されます。江戸時代にはさらに品目が増え、急須をはじめとする各種の茶器や酒器、蛸壷、火消壷、竈、火鉢などが加わりました。明治時代の新たな主力製品は、規格生産された近代土管です。明治時代末頃には、タイルを筆頭に建築陶器の生産もはじまります。

八光堂では、どの種類であっても常滑焼の買取に力を入れているところです。作家名などはとくに問いません。お手元にご処分を検討されている作品があれば、ぜひ当店にお知らせください。

  • 三代 山田常山

    三代 山田常山

  • 山田宝生

    山田宝生

  • 古常滑 徳利形花生

    古常滑
    徳利形花生

  • 初代 山田常山

    初代 山田常山

  • 山田絵夢

    山田絵夢

よくあるお問い合わせ

Q実家を片付けているとき、たくさん常滑焼が出てきました。お店に持っていくのは大変なので、出張買取してもらえますか?
八光堂では、無料で全国各地への出張をお引き受けしております。鑑定料や買取手数料も発生しませんので、費用面は心配せずご依頼ください。
Q常滑焼ですが、かなり使い古して傷みもありますが、買取には問題ありませんか?
とくに問題ございません。八光堂では保存状態のよくない常滑焼でも積極的に買い取っていますので、売却されるときはぜひご連絡ください。

常滑焼買取の査定ポイント

平安時代から現代までつくり続けられている常滑焼は、時代とともに特徴を変化させ多彩な魅力をもっています。

作家が分からない作品や、箱が無い作品などお持ちの場合でも、陶磁器のスペシャリストが拝見させていただきますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

時代とともに移り変わる常滑焼の特徴

常滑焼のはじまりといわれる時期は、平安時代末期です。当初は素朴な雰囲気のなかにも優美な風合いがあり、王朝文化の名残を感じさせました。鎌倉時代は、素朴で力強い印象のある壷、甕、鉢が主流です。室町時代になると、これまで知多半島に広く分布していた窯が常滑町の周りに集中します。江戸時代には、高温焼成した真焼(まやけ)物と素焼きのような赤物(あかもの)がつくられました。時代を追うごとにさまざまな変化を遂げる常滑焼は現在も幅広い作品を生み出し、全国各地で愛用されています。

朱色の急須は江戸時代に登場

「常滑焼といえば、朱色の急須」という声は少なくありません。伝統的な常滑焼とも称される急須が登場するのは江戸時代です。江戸時代後期に真焼物で茶器がつくられるなか、19世紀前半の文政年間、稲葉高道が常滑で初めて急須を焼いたといわれています。常滑焼の朱色を生み出している土が朱泥土です。この朱色は、胎土のなかの鉄分や土に混ぜられるベニガラにより発色します。朱泥は、安政元(1855)年に杉江寿門堂が生み出しました。ふたりの成果が結びついた朱色の急須は、いまや常滑焼を代表する焼物のひとつになっています。

平安時代以来の伝統をもつ常滑焼は、種類も豊富であり非常に魅力的です。八光堂は多彩な特徴をもつ常滑焼をひとつでも多く次世代に伝えたいと思っていますので、売却するお品があればぜひ当店にお知らせください。

いずれか1つをご用意ください
ご本人様確認の書類
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証、住民基本台帳カード、
在留カード、特別永住者証明書
  • 18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。
  • 18歳・19歳のお客様の場合、同意書と委任状が必要になります。
  • 2020年2月4日以降発行のパスポートは住所記載が無いため、別の確認書類(3ヶ月以内の公共料金の領収書・住民票)のご提示が必要となります。
  • 法人のお客様の場合、身分証として、名称、本店または主たる事務所の所在地と、当取引の任に当たっている代表者・担当者の氏名、住所、生年月日を証明できる書類が必要になります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

誰でもカンタン4ステップ

買取してもらうには?

《 出張買取の場合 》
  • 出張査定料 無料
  • 玄関での査定OK
  • 訪問日ご相談OK
  • 8日間以内 返品対応OK

お申し込み・訪問日を決定。

鑑定士が伺います。

お品物を鑑定。

現金でのお支払い。

《 店頭買取の場合 》
  • 全店舗が駅から徒歩圏内
  • 不成立でも駐車場2時間無料 ※上限1,000円
  • 無料の鑑定・査定・相談
  • 荷降ろしお手伝い
  • 査定額の理由を丁寧に説明

お近くの店舗にご来店。

お品物を鑑定。

査定金額をその場でご提示。

現金でのお支払い。

事前査定でもっと便利に

すぐにつながる 今すぐ出張・来店のご予約
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
気軽にお問い合わせ

電話で査定・相談

サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談