【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
宮崎寒雉買取

宮崎寒雉高額買取

宮崎寒雉を少しでも高く、 他社に負けない価格で高額に買取いたします。
相談・出張・査定料 全て無料!

能登国(現石川県)生まれの宮崎寒雉は京都で釜づくりの腕を磨き、江戸時代中期に加賀藩の御用釜師として活躍しました。
初代からの伝統は代々にわたり継承され、14代目となる当代まで数々の優品が残されています。
八光堂は、歴代の手になる名作を高価買取いたします。ご不用になったお品物を売却される折には、ぜひ当店にご連絡ください。

買取ポイント

  • POINT01
    宮崎寒雉の買取額で
    他社に負けません

    他社とは違いマザーズ上場の親会社を持ち、創業40年以上の実績がございます。また世界中で少しでも高く骨董を売却できるルートを持っています。

  • POINT02
    安心・安全の仕組みを
    徹底

    クーリングオフの適応で8日以内であれば返品・キャンセル可能です。(出張買取のみ)また八光堂ではご相談、査定、見積もり、出張費、買取手数料もすべて無料「0円」で安心です。

  • POINT03
    買取額だけじゃない
    接客へのこだわり

    その他きめ細やかなサービスでお客様のお品物を丁寧に扱い査定、ご説明させていただきます。買取の際には、1,000万円を超えるような品であっても、即現金買取が可能です。セキュリティーの関係で振込対応となる場合もございます。

  • POINT04
    TVメディアで
    多数紹介

    様々な人気番組からオファーをいただき、大勢の八光堂の鑑定士がTVメディアで活躍しています。豊富な経験と確かな目利きはマスコミからもお墨付きです。

買取相場

宮崎寒雉の買取相場は、ニーズに応じて上下します。多くの需要が見込める作品なら、それだけ評価額は高くなります。ただし鑑定士が相場状況のチェックを怠ると、損益ばかりが優先され必要以上に評価が低くなることも少なくありません。価値ある名品を買い取るとき、需要に見合うだけの値段をつけるには相場動向の把握が不可欠です。八光堂の場合、自社主催のオークションで全国各地の最新情報が得られるため、いつでも相場にふさわしい査定額をご提案できます。

以下に参考価格を示しますが、詳細を確認される際には、電話、無料メール、LINE査定もご利用いただけます。

鬼霰形手取釜
十一代 宮崎寒雉(彦九郎)
鬼霰形手取釜
買取相場価格
30万円
鵬雲斎好七徳釜 鵬雲斎書付 二重箱
十三代 宮崎寒雉
鵬雲斎好七徳釜
鵬雲斎書付 二重箱
買取相場価格
28万円
鵬雲斎好七徳釜 鵬雲斎書付
十三代宮崎寒雉
鵬雲斎好七徳釜
鵬雲斎書付
買取相場価格
20万円
天猫形鉄瓶
宮崎寒雉
天猫形鉄瓶
買取相場価格
19万円
利休好子瓢形釜
十一代 宮崎寒雉(彦九郎)
利休好子瓢形釜
買取相場価格
17万円
紹鴎霞棗釜
宮崎寒雉
紹鴎霞棗釜
買取相場価格
17万円

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

買取強化中の作品・作家一覧

初代宮崎寒雉が手がけた釜は、多種多様です。代表例だけでも、柏葉釜、鉈釜、乙御前釜、霰釜、段々釜、大講堂釜、責紐釜、茶飯釜などが挙げられます。釜以外に、仏具類も盛んに製作しました。金沢市近郊の諸寺には、いまも銅鐘や三具足が伝えられています。主な活動時期は元禄年間(1688~1704年)ですが、仏具には1677(寛文7)年から1681(天和1)年頃の紀年銘が見られます。いずれも釜肌には侘びの世界を感じさせる独特の風合いがあり、魅力的です。

八光堂は、初代の作品にとどまらず宮崎寒雉の買取を強化中です。釜の種類や製作年代は、とくに問いません。お品物の売却先には、ぜひ当店をお選びください。

  • 鬼霰形手取釜

    鬼霰形手取釜

  • 鵬雲斎好七徳釜 鵬雲斎書付 二重箱

    鵬雲斎好七徳釜
    鵬雲斎書付 二重箱

  • 鵬雲斎好七徳釜 鵬雲斎書付

    鵬雲斎好七徳釜
    鵬雲斎書付

  • 天猫形鉄瓶

    天猫形鉄瓶

  • 利休好子瓢形釜

    利休好子瓢形釜

  • 宮崎寒雉 紹鴎霞棗釜

    宮崎寒雉
    紹鴎霞棗釜

よくあるお問い合わせ

Q少し汚れや欠けがあり保存状態はよくありませんが、買取可能ですか?
多少の汚れや欠損は、とくに問題ありません。長く使い込んでいるうちに生じた汚れは、作品の味として評価できることもあります。あまり気にせず、ぜひ当店に鑑定をご依頼ください。
Qいつ頃に製作されたものか分かりませんが、買い取ってもらえますか?
作者や製作年代が不明でも、八光堂は丁寧に鑑定させていただきます。作品の仕上がりがよければ、高額査定につながります。売却の際は、ぜひ一度、当店にお見せください。
Q自宅がお店から遠くても、出張買取してもらえますか?
八光堂は、全国各地にお伺いいたします。ご相談、お見積り、出張費、鑑定料は、すべて無料です。訪問日も指定できますので、出張買取はぜひ当店にお任せください。事前に写真等にて査定をさせていただき、お買取りが出来ないお品であった場合や鑑定士のスケジュールなどでお断りする場合も御座います。予めご了承ください。

宮崎寒雉買取の査定ポイント

鋳物師の家に育った初代の宮崎寒雉は、京都に出てから釜師としての才能を開花させます。その釜肌は、当時から世の人々を魅了しました。作家が分からない作品でも、茶道具のスペシャリストが拝見させていただきますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

釜師としての腕前が評判となった初代

もともと、能登国で鋳物業を営んでいた宮崎家。初代寒雉は、加賀藩前田家に仕えていた宮崎彦九郎吉綱の子として1633(寛永10)年に生まれたといわれています。当初は、父親と同じく前田家の兵器や鳴物を製作していました。

やがて京都で釜づくりを学ぶと、その腕前は評判となり金沢に呼び戻されます。加賀藩主前田利常の御用釜師として召し抱えられてから後は、数々の名品を生み出していきました。男子がなかったものの千利休の釜師として知られた辻与次郎のもとから孫を養子に迎え、寒雉の名は現代まで引き継がれます。

歴代に受け継がれる初代の釜肌

初代寒雉の釜肌は薄づくりであり、多くは砂肌で青みがあり、色・形ともにすっきりした印象です。釜肌に一定の高温で温める焼き抜きを行い、口際や鐶付に見られる巣(鬆)や、虫喰も初代ならではの特徴で、作品全体から侘びの趣が強く感じられます。加賀藩主にとどまらず、初代の魅力的な作品を愛した茶人は少なくありません。

現在、宮崎寒雉は14代目を数え、歴史ある初代の風合いは代々に受け継がれています。当代は伝統の技を守りながら新たな作風の創作にも挑み、どっしりと深みのある色合いをもった釜肌の作品をつくり出しています。

八光堂は、後世の人々にも歴代が守ってきた宮崎寒雉の釜肌を味わってほしいと考えます。貴重な作品が、いつの間にか姿を消すのは望ましくありません。ご処分予定のお品物があれば、ぜひ当店にお知らせください。

いずれか1つをご用意ください
ご本人様確認の書類
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証、住民基本台帳カード、
在留カード、特別永住者証明書
  • 18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。
  • 18歳・19歳のお客様の場合、同意書と委任状が必要になります。
  • 2020年2月4日以降発行のパスポートは住所記載が無いため、別の確認書類(3ヶ月以内の公共料金の領収書・住民票)のご提示が必要となります。
  • 法人のお客様の場合、身分証として、名称、本店または主たる事務所の所在地と、当取引の任に当たっている代表者・担当者の氏名、住所、生年月日を証明できる書類が必要になります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

誰でもカンタン4ステップ

買取してもらうには?

《 出張買取の場合 》
  • 出張査定料 無料
  • 玄関での査定OK
  • 訪問日ご相談OK
  • 8日間以内 返品対応OK

お申し込み・訪問日を決定。

鑑定士が伺います。

お品物を鑑定。

現金でのお支払い。

《 店頭買取の場合 》
  • 全店舗が駅から徒歩圏内
  • 不成立でも駐車場2時間無料 ※上限1,000円
  • 無料の鑑定・査定・相談
  • 荷降ろしお手伝い
  • 査定額の理由を丁寧に説明

お近くの店舗にご来店。

お品物を鑑定。

査定金額をその場でご提示。

現金でのお支払い。

事前査定でもっと便利に

すぐにつながる 今すぐ出張・来店のご予約
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
気軽にお問い合わせ

電話で査定・相談

サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談