彫刻品買取 荻原守衛

彫刻品買取 荻原守衛

荻原守衛

 荻原守衛は、またの名を荻原碌山と言って明治期を代表する素晴らしい彫刻作家として知られています。その独特の世界観だけでなく、美しい彫刻技術は、数多くの場所で夢の彫刻として知られており、世界にも名を轟かすような、そんな素晴らしい作品を生み出しつづけています。
 荻原守衛の作品は骨董買取においても評価が高いです。さて、そんな荻原守衛ですが、1879年に長野県安曇野に生まれています。5人兄弟の中の末っ子として生まれた荻原守衛は、非常に病弱であり、読書や絵画などを趣味として日々を過ごしていたという事です。そして、そんな日々を過ごしていた荻原守衛に転機が訪れるのは、17歳の時だったと言われています。それが、通りがかった女性から声をかけられた事でした。相馬黒光という、郷里の先輩、相馬愛蔵の新妻で3歳年上の女性だったそうです。その出会いから、芸術の知識や才能があった彼女に強く影響された荻原守衛は、洋画家の世界を学ぼうと芸術への道を切り開いていったのです。本格的に絵画を学ぶためにニューヨークへ渡米。アルバイトを掛け持ちしながら洋画を学んでいたそうです。しかし、骨格などを研究していた荻原守衛。パリに赴きそこでオーギュスト・ロダンの「考える人」に大きな衝撃を受けます。
 この出会いによって、次は彫刻家を目指すという、大胆な方向転換をしたのです。彫刻家になろうと努力を重ねた事により、学内でのコンペなどにも多数参加。良い成績を生み出します。年末フランスを離れ、イタリア、ギリシャ、エジプトを経て1908年帰国。その後は、独立をして彫刻家として努力を重ねます。荻原守衛の代表作である、文覚は恋模様をそのまま現実化したような迫力のある魂の籠った作品として、文展で入選をしています。数多くの作品を生み出しながらも、その精神力のぶつけ方だけに体を壊してしまい、1910年にお亡くなりになります。その時の作品、第四回文展に「女」が出品されました。美しさと絶望、希望。人間の魂を全て芸術に捧げた、唯一無二の彫刻家だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ