茶道具買取 藤原啓

 日本を代表する作家としても名高い、藤原啓。人間国宝として認定されている人物であり、その周囲の人間達も多くの評価を得ています。岡山県備前市穂浪に生まれた藤原啓は、農業を生業としていた家に生まれています。非常に感覚が優れており、少年期から俳句や小説の才能を発揮しています。 『文学世界』に応募した短編が1等を獲得し、文学の道を極める人生を選びました。1919年に上京し、博文館編集部に勤務、『文学世界』の編集を担当。正宗白鳥、徳富蘆花の影響を強く受け詩の執筆も開始しています。その後、数々の研究を積み上げて、会社を辞めた後に作家として独立を果たします。 しかし、その作家活動において自らの才能の限界を感じ、精神的に追いつめられました。そのため文学を断念し帰郷しました。しかし、翌1938年、近隣に住む正宗白鳥の弟で万葉学者の敦夫のすすめにより、三村梅景に師事し備前陶芸を始めました。

40代で一流の陶芸家としての道を歩み始める藤原啓

 当時、40歳という年齢でありながら、作陶生活に人生を賭けることになりました。金重陶陽北大路魯山人らからも指導を受けており、徐々にではありますが、その才能に磨きをかけていきます。備前焼の持つ独特の自然がもたらす美しさが見る物の心を捉え、一流の陶芸家としての道を歩み始めました。

独特な作品の特徴

 藤原の作品の特徴としては、桃山古備前の技法を基礎にしながらも、窯の中で起こる、自然の変容を生かした近代的な造形が見える、独特なものでした。魯山人の斡旋で日本橋高島屋にて個展を開催した時には、多くの評価をもらい、その名を陶芸界に知らしめることとなりました。岡山県指定無形文化財「備前焼」保持者となり、1970年、重要無形文化財「備前焼」保持者など、陶芸家としても名誉ある最高の存在となり得たのです。今後、茶道具買取においても、藤原啓の備前焼は非常に高価買取が期待できる作品として知られることでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ