【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 金重素山

金重素山 備前焼菓子鉢

 金重素山といえば、備前焼の再興に尽力した陶芸家として知られています。大陶芸家でもある金重陶陽の弟としても名を知られており、自らの作品も備前の境地を超えた美しく優美な作品を生み出す事で有名です。金重素山は織豊時代の緋襷を電気釜で再現しており、茶道具などを中心に制作をしていました。有名な言葉に、「作品は子供じゃ。生まれ変わっても焼き物をやる。」というものがありますが、心の底から陶芸という世界を愛しつづけていたことが良く分かる言葉です。
 金重素山はとにかく備前焼という枠を超えた新たな境地に立っている、と専門家からの評価が高いことが挙げられます。端正でありフォルムがナチュラルに優しい、色気ある姿がとても美しいと評されています。この色気は狙って出せるものではなく、様々な人生の経験や作陶生活から生み出された、言わば金重の生まれ変わり、前述の言葉どおり「子供」ということなのかもしれません。粉引・呉須絵・朝鮮唐津・失透釉なども手掛けていただけでなく、信楽を中心に三島手・流釉・天目釉・灰釉なども作っていたようです。また、陶芸の質を考えていた根底の部分でも作品に対する多角的なアプローチが関係しているのではないか、と思われます。兄の金重陶陽は、アート寄りの思想を抱きながら陶芸の修行を積み重ねていたようですが、弟である素山の方は、飲み物を飲むための茶碗というアプローチで修行を積み重ねてたったということも関係しているようです。さらに、金銭的な部分をあまり考えていなかったようで、そういった自由奔放な精神から生み出される作品だからこそ、人間的な色気が作品に宿ったのではないでしょうか。
 電気窯による桃山調の緋襷焼成に成功した事で、現在の備前焼に与えた影響はかなり大きいと言われています。金重素山がいたからこそ、近代備前がある。大風呂敷を広げても、何ら遜色の無い、大人物であったことに間違いはない人物だったのです。茶道具買取においても金重素山の作品は注目されていくでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談