青木繁(あおき しげる)

青木繁(あおき しげる)

青木繁

 青木繁は明治期の洋画家です。福岡県久留米市に生まれ、洋画坂本繁二郎と同級生としても知られています。29歳になる前にこの世を去ったのですが、強烈で印象的な作品を残しています。「太く短く」という言葉を体現しているような人物です。人間の才能が開花するのに年齢は関係ないのだということを改めて実感させられます。この時代にこんな画家がいたことを日本人として誇りに思える、そんな存在感のある画家です。代表作の一つに「海の幸」があります。青木繁を知らないという人でも、この絵はどこかで見たことがあるかもしれません。青木の確かな画力と豊かな想像力により可能となったこの絵は、観る者を圧倒します。この絵を前にすると、様々な言葉が浮かんできます。生命力、豊穣の海、生きる喜び… 。しかも、東京美術学校を卒業してすぐにこの作品を発表しているのです。

夭折した天才

 また青木繁の作品には、古代日本をモチーフとしたものが数多くあります。洋画でありながら、古代日本を想起させる描写はとても新鮮に映ります。構図にはラファエル前派の影響が見受けられますが、決して西洋かぶれといったものではありません。西洋からの影響は青木の中で消化され、彼独自の作風が確立されています。「わだつみのいろこの宮」は古事記を題材とした作品なのですが、当時の評価は芳しくありませんでした。しかし、非常に高い完成度の作品であり、現代では青木の代表作の一つとされています。絶筆である「朝日」には昇ってきた太陽と輝く海が描かれています。家族を残し放浪中であった青木は何を感じ、何を想いこのような希望あふれる絵を描いたのか… 。そのときの状況を想像すると感慨深いものがあります。青木繁はまさに夭折した天才なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ