漆器買取
経験豊富、
専門の鑑定士がいる
八光堂へ

幅広い人気と高い需要のある漆器。
皿や箸などの食器、花器、箪笥など、
漆器の買取は古美術八光堂へご依頼ください。

出張・来店のご予約、
その他ご相談がご希望の方は

  • 0120-29-8510
  • 受付時間10:00~18:00 年中無休/土日祝日も営業しています

らくらく、無料で相談電話をかける

価値や作家名の分からないお品でも安心してご依頼ください。

他の査定方法をみる

漆器買取で八光堂が選ばれる理由

  • すべて無料

    すべて無料

    査定料・鑑定料・その他手数料などは一切いただいておりません。

  • 豊富な鑑定力

    確かな、鑑定力

    創業、40年以上の歴史の中で培われた、100,000件を超えるデータベースをもとに高価買取いたします。

  • 全国出張可能

    全国出張可能

    全国どこでも、無料で出張いたします。査定・鑑定などの手数料は一切いただいておりません。

  • 即現金買取

    即現金買取

    高額買取であっても、即現金でお支払いすることができます。

  • プライバシーの保護

    プライバシーの
    保護

    お客様プライバシーに配慮し、秘密厳守。訪問の際、社名入りの車は使いません。

  • 買取ジャンルが豊富

    買取ジャンルが
    豊富

    多岐に渡る、ジャンルに精通する専門的な知識を有した鑑定士がまごころ込めて対応いたします。

テレビ出演多数!

メディア出演実績

オーナー写真

2017年7月30日放送 テレビ東京系列「日曜ビッグバラエティ」
【あなたのゴミがお宝に!平成のリサイクル密着24時】

2017年5月28日放送 毎日放送「VOICE」
ニュース取材

2017年5月28日放送 テレビ東京系列「日曜ビッグバラエティ」
【とりあえず、1回全部出してみる!断捨離で家の中スッキリ大作戦】

2017年2月2日放送 読売テレビ「かんさい情報ネットten.」
『アナタの味方!お役に立ちます!』のコーナー

2016年9月9日放送 関西テレビ「よーいドン!」
『発見!関西ワーカー』のコーナー

2016年6月8日放送 日本テレビ「NEWS ZERO」
ニュース取材

八光堂ならではの
高価買取できる3つの理由

  • 鑑定力

    創業40有余年、30,000件を超える信頼の買取実績。

    創業40有余年、
    100,000件を超える信頼の買取実績。

  • 豊富な実績

    世界中の愛好家が買い手。海外に広がる販売網。

    世界中の愛好家が買い手。
    海外に広がる販売網。

  • 販売力

    お得意様への直販で、骨董文化の橋渡し役に。

    お得意様への直販で、
    骨董文化の橋渡し役に。

出張・来店のご予約、
その他ご相談がご希望の方は

  • 0120-29-8510
  • 受付時間10:00~18:00 年中無休/土日祝日も営業しています

らくらく、無料で相談電話をかける

価値や作家名の分からないお品でも安心してご依頼ください。

他の査定方法をみる

2つの選べる買取方法

出張買取

「近くに店舗がない」「品物が多い」「運べない」方に便利です

  • 全国どこでも出張可能
  • 出張査定料 無料
  • 玄関での査定OK
  • 訪問日指定OK
  • 8日間以内 返品対応OK
  • 出張買取イメージ1

    お申し込み・訪問日を決定。
  • 出張買取イメージ2

    鑑定士が伺います。
  • 出張買取イメージ3

    お品物を鑑定。
  • 出張買取イメージ4

    現金でのお支払い。
オーナーイメージ

出張・来店のご予約、その他ご相談がご希望の方は

フリーダイヤル 0120-29-8510

受付時間10:00~18:00 年中無休 / 土日祝日も営業しています

店頭買取

来店のご予約OK!

買取の相談だけでなく、骨董品にまつわるお客様の悩みに親身にお答えします。

  • 来店買取イメージ1

    お近くの店舗にお気軽にご来店ください。
  • 来店買取イメージ2

    お品物を鑑定。
  • 来店買取イメージ3

    査定金額をその場でご提示。
  • 来店買取イメージ4

    現金でのお支払い。

漆器買取について

漆器はその技法や絵柄などから、彫刻塗・青貝塗・勇助塗の3種類に大きく分けられます。彫刻塗は江戸時代中期の名工・辻丹甫の技術をもとにつくられたもので、木彫、堆朱、堆黒などの技術を使い、雷文や亀甲をベースにして、草花・鳥獣・青海波・牡丹・孔雀などの絵柄が描かれています。

青貝塗は通常0.3mm程度の貝を薄く削った「青貝」を材料として使い、三角形やひし形などを組み合わせて山水や花鳥などを描いていくもので、青貝の原料にはあわび・夜光貝・蝶貝・孔雀貝などが用いられました。また、このように貝を細工することを「螺鈿(らでん)」と呼びます。

勇助塗は江戸時代末期に生まれた技法で、初代石井勇助が当時流行していた中国明時代の漆器に憧れてつくりあげました。唐風の意匠の上に山水・花鳥・人物などを描くほか、青貝・箔絵・玉石などを加えていく総合的な技法です。勇助塗は格調の高さも特徴で、茶盆や器物は高い評価を受けています。

漆器はその美しさから美術品としての価値も高く、愛好家をはじめ多くの人に広く愛されています。また漆器の歴史は長く、これまでに数多くの作品が存在していることから、価値を知るためには鑑定知識が欠かせません。

しかし、専門家や愛好家でない方が人から譲り受けた場合、その価値がわからず困ってしまうこともあります。早く処分したいために、安値で売却されてしまうケースも多々ございます。古美術八光堂には、お持ちいただいた漆器の価値をしっかりと見極める鑑定知識と経験があります。お売りの際は、ぜひご相談ください。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ