• 象牙 印材
  • 象牙 牙
  • 象牙 香炉
  • 象牙 根付
  • 象牙 箸
  • 象牙 筆
  • 彫刻品
  • 天球
  • 筆筒
  • 麻雀牌

時計、宝石など買取いたします。

  • 象牙 牙 証明付き 買取価格84万円
  • 象牙 彫刻 宝船 買取価格80万円
  • 象牙 彫刻 買取価格78万円
  • 象牙 香炉 買取価格43万円
  • 象牙 唐美人像 買取価格33万円
  • 象牙 花立 買取価格22万円
  • 象牙 津軽三味線 撥 買取価格15万円
  • 象牙 七福神 買取価格18万円
  • 象牙 麻雀牌 買取価格15万円
  • 象牙 布袋像 買取価格13万円
  • 象牙 柿 置物 買取価格6.5万円
  • 象牙 琴柱 買取価格4万円

象牙製品買取相場について

象牙登録票

  • 象牙の出張買取
  • 象牙の店頭買取
  • 象牙買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

象の長い切歯を象牙といいます。象牙は美しく加工しやすいことから高い需要があります。象牙の歴史は大変古く、旧石器時代にはマンモスの牙へ人や動物の姿を刻み、投槍などを制作していたといわれるほどです。古代ギリシャでも女神像が象牙で彫られたり、イスラム美術の複雑な模様を彫るために使われたりしていました。

象牙が持つ温かみも魅力のひとつで、ピアノの鍵盤やビリヤードボールにも象牙が使われることが多く、高級印章の素材としても高い人気がありました。日本の高度成長期の頃にはローンを利用して実印を象牙でつくることが流行し、象牙の9割が印章に使われていたこともあったほどです。

象牙をとるために象の乱獲が続いたことから、世界的に規制され、象牙が使用されていた製品の多くは別の素材でつくられるようになりました。世界的に象牙の流通が規制されていることから、象牙は非常に貴重なものとなり、象牙でつくられた麻雀牌、牙、筆、彫刻品、香炉などは高価なものとなっています。

象の乱獲を防ぐための規制によって、非常に貴重な存在となった象牙。現在でも、象牙が使用された製品の数々は大変価値のあるものとして愛されています。

しかし、流通が減ったことにより象牙そのものの認知度も下がり、若い世代の中には、象牙に価値があることを知らない人もいるほどです。そのため、人から譲り渡された象牙の品物が、価値があると知られずに処分されてしまったり、安く売り払われてしまうことも少なくありません。

象牙製品の処分や売却を検討されているなら、創業以来40年以上にわたり、数多くの骨董品や美術品の鑑定・買取を行ってきた古美術八光堂へお問い合わせください。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

象牙の骨董品を売るのは初めてで、相場や注意点など、ほとんど知りませんでしたが、丁寧に分かりやすく説明していただいたので安心できました。自宅には象牙以外にも引き取っていただきたいものがありますので、またお世話になるかもしれません。どうもありがとうございました。

この度は遠方から当店に足をお運びいただき、誠にありがとうございます。また、貴重な品を多数お持ちいただき、心よりお礼申し上げます。
象牙は近年は印鑑などに用いられていましたが、89年のワシントン条約の締結により前面輸入禁止となった後は、主にアクリルなどの加工品製のものが代替として用いられています。そのため、現在では象牙製の品物の流通量は非常に限られており、マーケットでは年々相場が上昇しています。それに伴い、買取市場での価格も上昇しておりますので、今回は非常に良いタイミングでお売りになったものかと存じます。
その他にもお心当たりの品がございましたら、お気軽にお声をおかけください。もちろん、傷・割れなどのある品物でも査定させていただきますのでご安心ください。また、当店では出張査定も行っておりますので、お電話でお伝えいただけますとすぐに専門の鑑定士を派遣させていただきます。では、今後ともどうぞ当店をご贔屓くださいませ。こちらこそ、どうもありがとうございました。

実家の蔵の大掃除で、最初は引き取っていただけるだけでもと思っていましたが、貴重な象牙製のものだと聞いて驚きました。まったくそうした方面のことは無知でしたので、いろいろ参考になるお話も聞けて良かったです。どうもありがとうございました。

この度は数ある買取店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございます。査定にご満足いただけて私どもも安心しております。
象牙と日本のつながりは深く、程よい吸湿性と加工技術の確立が容易であることなどから、戦後の日本では特に印鑑に使われていました。さかのぼって江戸時代では象牙加工品として印籠などの素材として用いられており、主に中国からの輸入品を用いていました。明治・大正時代に入ると三味線のバチやタバコのパイプなどに用いられ、今回お持ちいただいた品もこの時期に作られたものではないかと考えられます。象の乱獲により絶滅の危険が出てきたのが1980年代のことで、89年にはワシントン条約が締結され、象牙の輸入は全面的に禁止となりました。そのため、現在では象牙製の品物は数が限られており、高額で取引されています。
その他にもお心当たりの品がございましたら、ぜひ当店にお気軽にご相談くださいませ。もちろん、お電話での簡単な査定も承っております。では、またのご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

ずいぶん前に、祖父から譲り受けた象牙製の骨董品を引き取ってもらいました。こうした方面には全く無知なもので、象牙が非常に価値あるものだということを知りませんでしたので、想像以上に高額で買い取っていただき、驚いております。

この度は遠方よりご来店いただき、誠にありがとうございます。
象牙は「象の牙」と書きますが、実際には象の犬歯の一部が発達したもので、これを折られてしまうと象は衰弱して死んでしまうこともあります。そのため、ご存知の通り、絶滅危惧種の保護を目的とした1989年のワシントン条約で象牙は全面的に輸入禁止となり、現在では新しい象牙製品の生産・輸入は行われていません。しかし、象牙は他のアクリルなどの加工品には無い、手に持った際にしっくりとくる適度な吸湿性があり、高級素材として現在でも高い人気を持ちます。また、象牙は装飾品の他にも印鑑や楽器、中でもピアノの鍵盤などに用いられ、実用性のある製品に加工されることから、やはり価値が高くなっております。今回お持ちいただいた象牙製のアンティークは極めて希少価値が高く、品質も良好でしたので、相場に近いベストの価格をご提案させていただきました。
今回は貴重な品をお持ちいただき、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
象牙買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 象牙の出張買取
  • 象牙の店頭買取
  • 象牙買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董品の買取に対応しております。
ページトップへ